pagetop
HOME法学部の紹介>教員からのメッセージ

法学部の紹介

教員からのメッセージ

法の過去から現在・未来を読み解く

法学科 的場 かおり 教授

「法律って難しそう」、「法律の勉強といっても正直よくわからない」…。パンフレットを手にとったものの、このような不安や疑問を抱いている人もいるのではないでしょうか。

2人以上の人間がともに生活すれば、衝突したり揉めたりすることは避けられません。そこで、紛争の解決や発生の防止を図るために、一定のルール=社会規範が作られることになります。この社会規範の一つが法というわけです。法は、みなさんの身近にあって、社会生活を円滑に営むために欠かせない存在なのです。

では、法・法律を学ぶとはどういうことでしょうか。法学教育の本質は、条文を暗記したり、難解な法律用語を操ったりする力を養うことではありません。4年をかけてみなさんに磨いてもらいたいのは、社会で起こる様々な紛争に対してどうすれば「正義(=衡平)」が実現できるのかを考え、論理的な答えを導く力です。なぜなら紛争の多くは、「答えはこれしかない!」といった単純なものではないため、両当事者の言い分を聞きながら論理的でバランスの取れた答えを出す必要があるからです。これが、「法は善および衡平の術であるJūs est ars bonī et aequī」といわれる所以です。

法学部には実に多彩な科目があります。法学部と聞いてみなさんが一般的にイメージする憲法や民法、刑法といった「実定法(学)」と並び、「法とは何か」という根本的な問いを探求するのが「基礎法(学)」です。その一つが私の専門「法制史/法史学」であり、「歴史」というツールを用いて、現在の法律や制度の立ち位置を確認し、その将来を展望します。みなさんが自分の過去・現在・将来を「履歴書」に記すように、法の「履歴書」を解読することはより精確な法の理解を可能にします。とりわけ近代以降の日本法は西洋法の影響を強く受けていることからも、「西洋法制史」はみなさんの学びを深く豊かなものにしてくれるでしょう。

大阪大学法学部には、みなさんと一緒に悩み、考え、議論し、みなさんをサポートしてくれるスタッフや仲間がいます。法学を通して身近な社会の問題について考え、そして、日本も含め世界が抱える多様な課題にチャレンジする力を一緒に磨きましょう。Live Locally, Grow Globally!

法学科 的場 かおり 教授

データ分析の力を身につけ、国際的な発信を目指す

国際公共政策学科 鎌田 拓馬 准教授

「根拠に基づく政策立案」を意味するEvidence-based Policy Making (EBPM)という言葉はここ数年でずいぶんと一般的に使われ、日常的にも耳にするようになりました。これは伝統や慣習に基づいて政策の意思決定をするのではなく、データ分析とその結果に基づいた政策の意思決定を社会全体が重要視し始めたことを反映していると考えられます。しかし同時にEBPMという言葉が一人歩きしている可能性も否めません。言葉に振り回されないようにするためには、データ分析に関するリテラシーを身につけ、言葉を鵜呑みにせず自ら健全に批判できる力を養う必要があると考えられます。そのような力を養うためには、データ分析に関する理解、データ分析が応用されている分野に関する問題領域の知識、さらに問題領域の知識がどのように学術的・社会的に位置付けられているかを俯瞰的に読み解く語学力、この3つの力を養う必要があります。国際公共政策学科ではこれらを身につける環境が提供されています。

データ分析に関しては全学共通教育科目の「社会科学のための確率統計」に始まり、法学部専門科目として提供されている「計量経済学I」、「計量経済学II」にて基礎的な力を養い、さらにプログラミングやデータ分析の応用力を身につけるための「Data Management」により基礎力から応用力まで網羅的に学習することができます。また、学生自らの関心のある専門知識を身につける授業は、経済学、政治学、法学の柱を軸に選ぶことができ、公共経済学、市民社会論、さらには犯罪の経済学などと幅広い範囲から学習することが可能です。3年生・4年生向けの授業の中には最新の英語論文を読み、それに関して英語で議論をする授業もあります。「Project Seminar in English」や「English Certificates」と併せて履修すれば関心のある専門知識を習得しつつ、その内容を英語でインプット・アウトプットできる力も養うことができるでしょう。

国際公共政策学科に所属する教員のバックグランドは様々です。このように学際的な環境にいるみなさんには積極的に様々なことにチャレンジし見識を広げ、国際的な発信を目指していただきたいと思います。

国際公共政策学科 鎌田 拓馬 准教授