pagetop
HOME法学部の紹介>学部長あいさつ

法学部の紹介

学部長あいさつ

このホームページにたどり着いた皆さんは、法学部という場所で学ぶべきかどうか、そして、そのために大阪大学法学部を選ぶべきかについて、真剣に考えているのではないかと思います。学部長として、また一人の研究者、教師として、この点について考えてみます。

法学部では法学、政治学、(そして国際公共政策学科を擁する本学部では)経済学が教えられますが、これらはみな、社会を円滑に動かし、人々がより良く共存するための智恵として古くから探究されてきた学問です。たとえば、私たちは明治期に法・政治・経済の仕組み、さらにはこれに関連するさまざまな学問を受け入れましたが、そのルーツは古代ギリシャと古代ローマにまでさかのぼります。それらはともに、複数の人間が共存しながら生きていくための実践的な知恵の結晶であると言うことができます。それと同時に、新たな社会情勢や歴史の変化から挑戦をうけ、その姿を刻々と変化させてきたことも重要です。このように法学、政治学、経済学という学問分野は、複数の共存という人類の普遍的な在りようを見据えながら、時代が求める新たな変化にも柔軟に対応してきた、一種の「制度知」にほかなりません。

本学部には、こうした「制度知」としての法学、政治学、経済学の根本、そしてその最先端を深く研究するスタッフが多数揃っています。きっと皆さんの知的好奇心と勉学意欲に応えてくれるものと思います。

大阪大学法学部は、法文学部法学科として1948年に教育を開始してから、昨年9月に70周年を迎えました。実は、いわゆる「帝國大學」の後身に属する組織としては比較的若い学部です。それだけにフットワークも軽く、その時々の社会の動向をとらえる先進的な科目を伝統的な諸分野と並んで開講してきました。「法情報学」や「知的財産法」、「特別講義(ロイヤリング)」は、その一例です。なかでも近年の白眉は、2008年の国際公共政策学科を設置したことです。法学科では、法学・政治学に重点を置いた伝統的な教育カリキュラムを用意しているのに対し、国際公共政策学科では、法学・政治学・経済学の基礎をバランスよく身につけ、英語を駆使し、それらを実務に生かす人材を育成します。もちろん、どちらの学科でも、教養科目や外国語科目等を全学共通教育科目として学び、広い視野を備えることが前提となります。

大阪大学法学部はその長い歴史のなかで、法曹界、実業界、学界、行政諸部門等々に、数多くの先輩たちを送り出してきました。本学部で学んだ先輩たちは、卒業生となってからも、その広汎な人的ネットワークに支えられながら、様々なセクターで活躍し、この社会を支える重要な礎となっています。

大阪大学は、全体の目標として「教養」、「デザイン力」、「国際性」を備えた人材の育成をうたっています。法学部ではこれに加え、よりよい社会を建設し、維持するために必要な深い学識と、その基盤となる公平性の感覚を身につけることを目標としています。ここから、社会をよりよいものとしていくために思う存分に活躍するような人材が生まれることを目指しているのです。

大阪大学法学部長 中山 竜一