pagetop
HOME>法学部の紹介

法学部の紹介

学部長あいさつ

ホームページをご覧になられた皆さんは、法学部で学ぶべきかどうか、そして、大阪大学法学部で学ぶべきかどうかにつき、真剣に考えられていると思います。学部長として、そして1人の法史学研究者・教師としてその考えに対する意見を述べてみます。

法学部で教えられる法学も、政治学も、経済学も、人類が社会を円滑に動かし、人々がより良く共存するための智恵として古くから探究されてきた学問です。たとえば我々が明治期に受け入れた西洋系の法は古代ローマに、西洋の政治思想と経済思想は古代ギリシャに一つの源を見出すことができます。そして、その古来連綿と続いてきた学問が、他方でしばしば新しい事情や状況変化から挑戦をうけ、それに対する適応を迫られてきたことも歴史の知るところです。これらの学知における新旧のせめぎ合いをふまえ、それに対する真摯な解答と最新の学理を求めてきたスタッフが本学部には多数揃っており、皆さんの勉学意欲にこたえてくれます。

大阪大学法学部は、大阪帝国大学法文学部法学科として1948年に教育を始めてから、今年9月で69周年を迎えます。実は、いわゆる「帝國大學」の後身に属する組織としては比較的若い学部です。それだけに、フットワーク軽く、その時々の事情をとらえる先進的な科目を伝統的な諸分野と並んで開講してきました。「法情報学」や「知的財産法」、「特別講義(ロイヤリング)」がその一例ですが、近年の白眉は2008年の国際公共政策学科設置でしょう。法学科では、伝統的な法学・政治学に重点を置いたカリキュラムが用意されていますが、国際公共政策学科では、法学・政治学・経済学の基礎を身につけ、英語を駆使し、それを実務に生かす人材を育成します。もちろん、両学科において、教養諸科目や外国語科目等を全学共通教育科目として学び、広い視野を備えることは大前提となります。

他方で、本学部はその歴史において絶えず俊英を迎え、多数の先輩を法曹界、実業界、学界等々の諸分野に送り出してきました。大阪大学法学部卒業生は、その広汎な人的ネットワークに快く受け入れられています。

大阪大学は、全体として「教養」、「デザイン力」、「国際性」を備えた人材の育成をうたっています。これらに加えて、法学部では、より良き社会の運営に向けた指針となる深い学識を修得することができ、卒業生は、これを羅針盤として社会で活躍する道を拓くことができるのです。

大阪大学法学部長 林 智良