pagetop
HOME法学科の紹介>教員からのメッセージ

法学科で学ぶ

教員からのメッセージ

視野を広げるためにさまざまな時代・社会の法に触れよう

法の典型的な形態として思い浮かべるのは、他人の物をわざと壊した場合は刑罰を受けなければならない(刑法)、あるいは弁償しなければならない(民法)、などではないでしょうか。法はこのように、「一定の要件に該当する事実があれば、一定の効果が発生する」という要件-効果の条件式で、社会のさまざまな問題を解決しようとします。そして、そうした条件式の理解(特に要件の解釈)が法律学の学習の中心となります。

他方、私は中国法を研究しています。中国という国の政治的・経済的プレゼンスとは裏腹に、「中国法」は法学の中では周縁に位置します。それは端的に、そこから何か直接的に役立つことを得られそうにはないと考えられているからだと思います。日本のほとんどの大学に中国法の授業がないのはこのためでしょう。

しかし、視野を広げて多角的に物事を考えるためには、多様な考え方に触れる必要があります。こうした視点から考えれば、中国法は優良な素材の1つであると思われます。公称で56の民族からなる13億人の人口を擁する大国が、少なくとも大きな混乱がなく、概ね安定した秩序を形成しています。これだけでもすごいことです。しかも、そこでの法のあり方や考え方は、日本とはずいぶん異なります。まさに日本にとっては「発想の宝石箱や~」と言えるでしょう。さらにその政治的・経済的プレゼンスを考えれば、その重要性は一層高まるでしょう。

法学部がワールドワイドな視野や多様・柔軟な考え方を持ち、グローバルに活躍できる人材を育成しようとすれば、多種多様な授業を用意する必要があります。そして大阪大学法学部では、そうした授業も充実しています。その充実ぶりは、中国法の授業がある、ということから垣間見られるでしょう。他にもさまざまな時代・社会の法に関する授業があります。

みなさんの入学を「熱烈歓迎」します。

法学科 坂口 一成 准教授