大阪大学中国文化フォーラム

中国文化フォーラムは,大阪大学において中国地域研究を専攻する学部生・大学院生と,教員および卒業後他大学や研究機関で研究活動に従事している方々との有機的連携を実現することによって,地域研究の一環としての現代中国研究の活性化とその深化を図ることを目的とする部局横断的なプラットホームです。


今後の予定

まちかねCAFÉの開催

国際セミナー「現代中国と東アジアの新環境」の開催

活動の内容

国際交流

国際セミナー「現代中国と東アジアの新環境」の開催


東アジア学校間交流

研究成果の公表

書籍出版

OUFCブックレット

ISSN:2187-6487(online)
OUKA(Osaka University Knowledge Archive)

編集委員会
許衛東(経済学研究科),鄒燦(国際公共政策研究科),思沁夫(グローバルイニシアティブ・センター),田口宏二朗(文学研究科),高田篤(法学研科),高橋慶吉(法学研究科),瀧口剛(法学研究科),田中仁(法学研究科),堤一昭(文学研究科),豊田岐聡(理学研究科),宮原曉(グローバルイニシアティブ・センター),三好恵真子(人間科学研究科),山田康博(国際公共政策研究科),林初梅(言語文化研究科)


【OUFCブックレット・発行一覧】

大阪大学中国文化フォーラム・ディスカッションペーパー

目的
大阪大学中国文化フォーラム・ディスカッションペーパー」は,現代中国研究の研究領域について,(1)レフェリージャーナルや刊行物に結びつけることを前提として最新の研究成果について幅広く意見やコメントを得ること,および(2)すでに公刊された論考を他言語に翻訳することによって新たな研究交流の可能性を獲得することを目的としています。 【詳細

学内の研究・教育活動

まちかねCAFÉ

OUFC(Osaka University Forum on China)セミナー

研究プロジェクト

東アジアのPM2.5汚染の固有性を解明するための最先端科学知による文理融合研究

活動の記録

まちかねCAFÉの開催

OUFCブックレットの発行

研究セミナー「21世紀の東アジアと日本:歴史学の可能性」の開催

ワークショップ「21世紀の東アジアと日本:歴史学の可能性」の開催

セッションⅠ(13:10~14:40) 進行:高橋慶吉(法学研究科)
中嶋啓雄(国際公共政策研究科)「松本重治と米中関係」
瀧口剛(法学研究科)「東アジアと近代日本政治史:大東亜共栄圏と「新体制」への道」
宇野田尚哉(文学研究科)「戦後日本の華僑メディアと東アジア冷戦:朝鮮戦争前後を中心に」
田中仁(法学研究科)「現代中国政治における「毛沢東」経路の発生:歴史的制度論と歴史の見方」
セッションⅡ(14:50~16:20) 進行:山本千映(経済学研究科)
周雨霏(文学研究科)「近代日本の中国認識:「東洋的専制主義」概念の変遷を中心に」
堤一昭(文学研究科)「近代日本における「東洋史」構想とその後:教科書と学問分野形成を手がかりに」
鄒燦(国際公共政策研究科)「日中戦争認識についての比較研究」
高橋慶吉(法学研究科)「二つの世界大戦とアメリカ:民族自決理念の比較検討」
セッションⅢ(16:30~18:00) 進行:宇野田尚哉(文学研究科)
宋志勇(法学研究科/中国・南開大学)「中国明治維新研究の過去と現在」
江沛(法学研究科/中国・南開大学)「中国近代交通史研究の現状と趨勢」
秋田茂(文学研究科)「グローバルヒストリーの創造:アジアからの展望」
山本千映(経済学研究科)「女性の生活時間と世帯の労働供給」

2018 【詳細

2017 【詳細

2016 【詳細

2015 【詳細

2014 【詳細

2013 【詳細

2012 【詳細

2011 【詳細

2010 【詳細

2009 【詳細

2008 【詳細

2007 【詳細

2006 【詳細

2005 【詳細

2004 【詳細