pagetop
HOME>法学研究科の紹介

法学研究科で学ぶ

研究科長あいさつ

大阪大学大学院法学研究科は、日本を代表する法学・政治学系教育研究機関のひとつです。進取の気風と町人文化の伝統を誇る大阪の地にあり、江戸時代の懐徳堂と適塾を精神的な源流と仰ぐ大阪大学の研究科として、皆さんの知的向上を可能とする理想的な環境を提供します。国際的学術連携網の中心にあり、海外留学や分野を越えた研究の機会も豊富に用意されている本研究科で、大学院生同士の自由闊達な議論や相互刺激を跳躍板としつつ、多くの先輩が研究者として、高度職業人として進んでゆかれました。

本研究科が提供するすべての教育プログラムは、在籍する教員が行っている先端的な研究に基礎を置いています。前期課程には、多様な目的をもった人たちのニーズに応えるための総合法政プログラムに加えて、研究者養成に特化したプログラム、知的財産法の世界で活躍する人材の養成を目的とするプログラムがあります。後期課程は、高等司法研究科や国際公共政策研究科などとの緊密な協力のもとに運営されており、60名を越える教員が指導にあたっています。どの分野の研究者を志す人の期待にも十分に応えられる体制です。

法学・政治学の分野でのより深く広い学びを求める多くの方々に、ぜひ本研究科に来ていただきたいと願っています。

大阪大学大学院法学研究科長 林 智良