MIFA : 国際家事メディエーター養成講座

国際家事メディエーター養成講座とは?

本養成講座は、国際家事メディエーションについての知識を深め、責任を持って国際家事メディエーションを担当できるメディエーターを養成することを目的としています。

開講予定

国際家事メディエーター養成講座基礎編

2017年5月~7月に、国際家事メディエーションについて知識を深め、同メディエーションを責任を持って担当できるメディエーターを養成することを目的とした講座を開講します。
本講座は全14回の講座です。本講座全14回の受講をお申し込みいただいた方の中で、全講義の7割以上に出席された方には、本講座の修了生として、大阪大学総長名での修了証が発行されます。
ご希望により、途中からの受講や1回限りの受講も可能です(修了証は発行されません)。
詳細はこちら〔ポスターお申込書〕をご覧ください。

  受講料:1万円(全14回)または1000円(各1回)
  開講期間:2017年5月~7月
  会  場:大阪大学中之島センター

国際家事メディエーターMiKKトレーニング講座

2017年5月12~14日に、ドイツの国際家事メディエーション・センターより講師を招き、国際家事メディエーターとして活動するために必要な知識や技術を身につけるためのトレーニングをおこないます。
詳細はこちら〔ポスターお申込書〕をご覧ください。

※14日(日)は、実務家の方を対象とします。
 実務家の方は、こちら〔ポスターお申込書〕もあわせてご覧ください。

 受講料:無料
 定員:先着25名
 開講日程:2017年5月12日(金)、13日(土)、14日(日) (各日9時00分~18時30分)
 会場:大阪大学中之島センター

過去の講座一覧

国際家事メディエーター養成講座基礎編(2016年5月~8月)
第1回 概論(担当:長田真里・大阪大学)
第2回 国境を越える子どもの連れ去り(担当:中野俊一郎・神戸大学)
第3回 紛争当事者との対話その1(担当:権藤晴美・タイプトレーナー)
第4回 紛争当事者との対話その2(担当:権藤晴美・タイプトレーナー)
第5回 子どもとの対話(担当:根岸和政・大阪大学)
第6回 面会交流支援と民間メディエーションの実際 ―FPICでの経験から(担当:中村桂子・FPIC)
第7回 多言語による紛争解決(担当:宮原曉・大阪大学)
第8回 ドイツにおける国際家事メディエーション(Christoph Paul・MiKK)
第9回 ハーグ子奪取事件のあっせん実務(担当:黒田愛・弁護士)
第10回 ハーグ子奪取事件での友好的解決と中央当局の役割(担当:美坂基彦・外務省ハーグ条約室)
第11回 比較家族法その1(担当:冷水登希代・甲南大学)
第12回 比較家族法その2(担当:宮本誠子・金沢大学)
第13回 国際家事メディエーションと法―国際私法の観点から (担当:長田真里・大阪大学)

お問い合わせ
大阪大学
MIFAプロジェクト事務局
mediation★law.osaka-u.ac.jp
(★を@に変更してお送りください。)