大阪大学法学会について


法学会評議員長 中山 竜一

大阪大学大学院法学研究科・法学部および大阪大学大学院高等司法研究科には、所属する教員、学生および卒業生をもって組織されている「大阪大学法学会」があります。この会は法学および政治学の研究の促進・成果の発表と会員相互の親睦を目的として1951(昭和26)年に創設されました。その事業として、国内外の研究者・実務家を講師として招き、講演会やセミナーを開催するなど、会の目的に沿ったさまざまな企画を実施するとともに、学術雑誌『阪大法学』を刊行し、現在に至っています。高等司法研究科に対してもさまざまな支援を行い、法曹をめざすみなさんの学習を応援しています。
法学研究科・法学部および高等司法研究科の学生のみなさんは、入学時に通常会員として入会していただくことで、定期的に『阪大法学』の配付を受けることができます。『阪大法学』は主として、教員の寄稿による研究論文を掲載しており、法学・政治学の最近の動向を知り、教員の講義を深く理解するための最良の資料です。

ダウンロード

大阪大学法学会会則

法学会の主な活動内容

大阪大学法学会の活動 その1

『阪大法学』『まちかね法政ジャーナル』の発行

大阪大学法学会は、学術雑誌『阪大法学』を年6回発行しています。1951年12月の創刊以来、高水準の研究成果を発信し続けている『阪大法学』は、学界や社会から大変高い評価を得ています。

また学生の勉学や研究の一層の促進を図るため、2011年5月、『まちかね法政ジャーナル』を創刊しました。青雲会(大阪大学法学部同窓会)懸賞論文で1席に入賞した学生論文、「学生研究学修支援助成」の対象となった企画の成果、法学会の資金援助を受け留学した学生の報告、定期試験の出題問題などが掲載されています。
『まちかね法政ジャーナル』は、年1回発行しています。

要項・書式はこちらから

「法学会講演会/スタッフ・セミナー」の開催

国内外の著名な研究者・実務家を講師に招いて講演会やスタッフ・セミナーを開催し、最先端の法学・政治学研究に直接触れる機会を提供しています。

2019年度に開催した講演会/スタッフ・セミナー
2019年4月26日(金)
ウラッド・ベラヴゾー氏(アムステルダム大学・T.M.C.アサル研究所・上席研究員)
レオン・カスティッジャーノス=ジャンケヴィチ氏(アムステルダム大学・T.M.C.アサル研究所・研究員)
「欧州およびアジアにおける歴史記憶と法的ガバナンスについて」
2019年7月25日(木)
丁相順氏(本研究科特任研究員、中国人民大学教授)
「中日韓三か国の法曹養成制度の比較について」
2019年10月18日(金)
吉田昌史氏(弁護士)、南和行氏(弁護士)
「LGBTの法的問題」
2019年10月31日(木)
阪田雅裕氏(本学招へい教授、元内閣法制局長官)
「民主主義を考えよう」
2019年11月7日(木)
カトリーヌ・ピシェ氏(モントリオール大学教授)
「カナダにおける消費者の集団的救済」
2019年12月7日(土)
ジュリアン・ブトン氏(ランス・シャンパーニュ=アルデンヌ大学教授)
「ヨーロッパ法(EUの法と欧州人権裁判所の法)に直面して戸惑う憲法院」
2019年12月7日(土)
トマ・オックマン氏(ランス・シャンパーニュ=アルデンヌ大学教授)
「カエルと牛:フランス憲法院とドイツ憲法裁判所」
2020年1月14日(火)
小田博氏(本学招へい教授、ロンドン大学教授、早稲田大学教授)
「日本は国際商事仲裁のHubになれるか?」
2020年1月27日(月)
デイビッド・ポール・グリンリントン氏(オークランド大学・弁護士)
「ニュージーランド環境裁判所の制度と運用」

過去の実績はこちらから

要項・書式はこちらから

大阪大学法学会の活動 その2

学生会員への支援制度

法学会では、学生会員の研究学修活動を経済的にサポートするために、各種支援制度を設けています。

海外留学資金助成制度

大阪大学または法学研究科との学術交流協定を持つ海外の大学へ留学される学生会員に、準備資金の一部を援助しています。
2019年度は9名の学生に対して一人当たり10万円の助成をしました。

要項・書式はこちらから

学生研究学修支援助成制度

法学会では、学生グループによる自主的な研究活動や学修活動に対して、1活動につき最大5万円の費用補助を行っています(教員による推薦が必要)。2019年度は次の6件について補助を行いました。

  1. 21世紀の東アジアと日中関係―中国・南開大学歴史学院学生との交流会 2019年7月22日
  2. 泡瀬干潟訴訟からみる住民訴訟による解決の有効性とその限界 2019年8月7日~2019年8月9日
  3. 名古屋大学刑事訴訟法ゼミとの合同演習 2019年9月17日
  4. 行政法研究合宿―富山・金沢のコンパクトシティ政策の実地調査 2019年11月23日~2019年11月24日
  5. 交渉・仲裁を通した個人とチームの技術の向上 2019年11月23日~2019年11月24日
  6. 刑務所参観―受刑者処遇の実情を学習する 2020年1月17日

過去の実績はこちらから

要項・書式はこちらから

大阪大学法学会の活動 その3

法学部卒業生の成績優秀者表彰・卒業記念品の贈呈

法学会は、法学部の卒業式に合わせ、成績優秀者15名(法学科10名、国際公共政策学科5名)に対し、法学会から記念品を授与しています。

また、法学部の卒業生・法学研究科博士前期課程修了生・高等司法研究科修了生の会員には、記念品として、ロゴ入りオリジナルグッズを差し上げています。

集合写真

大学院生への援助

法学会は、大学院生による新入生歓迎会に協賛するほか、『阪大法学』に論文を寄稿する博士後期課程学生への研究費支給などの援助活動を行っています。

主な開催行事

2019年度の開催行事

新入生歓迎会の開催

法学部新入会員(2019年度学部1年生・編入生)歓迎パーティーを、2019年4月1日(月)に開催しました。当日は、中山法学部長をはじめ、クラスの担任教員の参加のもと、クラスごとのテーブルに飲み物と軽食が用意され、新入会員同士で会食する初めての機会となりました。はじめは緊張気味だった会も時間がたつにつれ和やかな雰囲気となり、1時間半あまりの時間でしたが、終わってみればあっという間に過ぎていました。会場では、連絡先の交換や写真撮影など、知りあったばかりのクラスメイト同士で意気投合する姿があちこちで見られました。

新入生歓迎会のようす

法学会ワークショップの開催

「専門科目の勉強方法―定期試験をひかえて」(会員限定)・・・・・2019年6月13日・2020年1月16日

大学での勉強、とくに専門科目の勉強には高校までの勉強と異なる面が少なくありません。そこで、法学部1年生を対象に、専門科目の勉強方法や定期試験への臨み方についてワークショップを開催しました。6月には「法学の基礎」と「政治学の基礎」、1月には「憲法」と「民法」を念頭に、法学研究科の大学院生から、授業への取り組み方、定期試験の準備や答案の書き方などについて、自らの経験も踏まえた丁寧な説明がありました。参加者からは、「単位が取れるか不安だったが、どうすればよいかわかってよかった」、「具体的な試験のイメージが持てたので、すごくためになった」と好評でした。

「将来を考える」(法学部との共催)・・・・・2019年10月29日・12月3日

将来のキャリアについて考える機会を早い段階で持つことができるように、法学部1年生対象の「法政導入演習」の時間を利用して、ワークショップ「将来を考える」を開催しました。10月の「進学・留学編」では、法学研究科、国際公共政策研究科、高等司法研究科に進学した大学院生と長期留学経験者が、12月の「就職編」では、民間企業、国家公務員、地方公務員の採用内定者が登壇し、「なぜその進路を選んだのか」、「どの段階でどのような準備をしたのか」などについて講演しました。いずれの講演でも、「今やりたいことを精一杯やること」、「将来何をしたいのかを考えてみること」が強調されました。参加者からは、「進路に関する視野が広がってよかった」、「実体験に基づく説得力のある意見を聞くことができた」といった感想が寄せられました。

過去の行事はこちらから

関連サイトへの Link

大阪大学 http://www.osaka-u.ac.jp/
阪大Law Portal http://www.law.osaka-u.ac.jp/
 法学部 http://www.law.osaka-u.ac.jp/undergraduate/
 法学部法学科 http://www.law.osaka-u.ac.jp/undergraduate/law/
 法学部国際公共政策学科 http://www.osipp.osaka-u.ac.jp/department/
 大阪大学大学院法学研究科 http://www.law.osaka-u.ac.jp/graduate/
 大阪大学大学院高等司法研究科 http://www.lawschool.osaka-u.ac.jp/
 大阪大学知的基盤総合センター http://www.iprism.osaka-u.ac.jp/
大阪大学大学院国際公共政策研究科 http://www.osipp.osaka-u.ac.jp/
大阪大学法学部同窓会 青雲会 http://www.seiunkai.net/index.html/