Handai Law Letter

第7号 2017年3月1日発行

在外研究報告 ニュージーランド だより

高等司法研究科准教授 久保 大作

 法学部50周年記念事業の長期在外研究助成によるご支援をいただき、2016(平成28)年9月より1年間の予定にてニュージーランドのオークランド大学法学部における在外研究に従事いたしております。

 在外研究における大きなテーマは株式会社における債権者保護法制です。いまのところ、株式会社における株主への分配可能額、すなわち配当などにより株主に対して財産を分配できる額の上限について、ニュージーランド法の運用状況、さらにはオーストラリア法における改革をめぐる議論の状況などを調査しております。また、取締役の対第三者責任についても、調査を進める予定でおります。

 残暑の日本から春浅いニュージーランドに移って数カ月、言葉の壁や習慣の違いなどに驚きつつも、万事のんびりした雰囲気のオークランドでの研究生活は、これまでの研究を振り返るいい機会になっております。在外研究の機会を与えてくださったこと、またご支援をくださいましたことに大変感謝いたしております。

編集後記 ─ 広報室

室長 北村 亘

今回も無事に第7号を発刊することができました。ひとえに諸先生方や事務方の皆さんのおかげです。改めてお礼申し上げます。本年度も、法学研究科・高等司法研究科・知的財産センターで研究教育を牽引されてきた先生方が本学をご退職されます。これまでのご指導やご厚情に感謝申し上げるとともに、新たにお迎えした先生方とともに3組織のさらなる飛躍を目指したいと思っております。関係者各位には、ますますのご支援を賜りますようお願い申し上げます。