pagetop
HOME>大学院紹介

大学院

大学院紹介

法学研究科

<基本理念>

  • ●法学研究科は、「現代科学技術の社会的基盤を成す、法政にかかわる賢慮(prudence)の追求」を基本理念としています。
  • ●「現実を忘れない柔軟さと、現実に流されない強靱さを持った思考ができる、21世紀にふさわしい研究者と高度専門職業人」の育成をめざした教育を行います。

<教育課程(博士前期課程)>

  • ■博士前期課程は標準修業年限を2年とし、所定の科目履修と論文作成を行って修了します。修了者には「修士(法学)」の学位が授与されます。
  • ■博士前期課程には、以下の3つのプログラムがあります。
    〇総合法政プログラム・・・法政にかかわる諸問題について、実際的な問題を常に念頭におきつつ幅広く学ぶプログラム。
    〇研究者養成プログラム・・・研究者を目指し、博士後期課程への進学を念頭に、法学・政治学を理論的・体系的に学ぶプログラム。
    〇知的財産法プログラム・・・専門的な知識を習得し、弁理士をはじめとする知的財産の分野で活躍できる人材を養成するプログラム。総合コース(昼間・豊中キャンパスで開講)と、特別コース(夜間・中之島センターで開講)があります。
  • ■修了後の主な進路としては、シンクタンク、マスコミ、企業法務、国際公務員、国家・地方の公務員やNGO・NPO・国際交流機関などを想定しています。
  • ■博士後期課程に進学し、「博士(法学)」の学位を取得する道もあります。

高等司法研究科

<基本理念>

  • ●高等司法研究科は、司法制度改革の理念に基づき、21世紀の新時代を担う、真のLegalProfessionalsたる法曹を育成する教育機関(いわゆる法科大学院)です。
  • ●高度な法的知識・能力はもとより、幅広い教養や豊かな人間性、さらには厳しい職業倫理を備えた人材の育成をめざします。

<教育課程(法科大学院)>

  • ■高等司法研究科は標準修業年限を3年とし、所定の科目履修を行って修了します。入学時に一定水準の法的知識・能力があると認められた者は、法学既修者として、2年間での修了が認められます。早期卒業制度による卒業生のほか、入学時点で大学に3年以上在学していることとなる学部生も、所定の単位を優秀な成績で修得したと認められれば出願することができます。この「3年次飛び級」制度を利用して法学既修者コースに進学することも可能です。
  • ■課程修了者には、「法務博士(専門職)」の学位が授与されるとともに、司法試験の受験資格が認められます。
  • ■司法試験に合格すると1年間の司法修習の後、裁判官、検察官、弁護士といった法曹となる資格が与えられます。高等司法研究科は、修了生の中からこれまでに、裁判官25名、検察官16名、弁護士465名を輩出しています。
  • ■また企業の法務部門や国・地方の公共機関など、高度な法的知識・能力を持った人材の活躍の場はますます広がっています。

国際公共政策研究科

<基本理念>

  • ●国際公共政策研究科(OSIPP)は、「国際公共価値の実現と国際社会における公共政策の探求」を基本理念としています。
  • ●急激な国際状況の変化に対して、人々の先頭に立ってリーダーシップを発揮し、国際社会に貢献できるグローバル人材の育成をめざします。

<教育課程(博士前期課程)>

  • ■博士前期課程は標準修業年限を2年とし、所定の科目履修と論文作成を行って修了します。修了者には「修士(国際公共政策)」の学位が授与されます。
  • ■授業は、講義科目、演習およびプロジェクト演習からなりますが、多様なバックグラウンドを有する学生の学修を支えるためにカリキュラムが組まれているという特徴があります。基本科目を充実させているだけでなく、国際機関、マスコミ、シンクタンク、地方・中央の官公庁などからの積極的な講師の登用や国内外の研究者の招へいを通じ多様な授業を提供しています。
  • ■多様性の交わりの中で、公共価値実現のためのリーダーシップを培うことを目的としています。
  • ■博士後期課程に進学し、「博士(国際公共政策)」の学位を取得する道もあります。

早期卒業制度

平成29年度から早期卒業制度がはじまりました。

法学部では、平成29年度入学者から早期卒業制度を導入しました。成績が優秀な学生には、通常より1年早く「法学士」の学位を取得して大阪大学の各大学院(法科大学院、法学研究科、国際公共政策研究科)に進学する機会が与えられます。

大学院進学への時間的・経済的負担が軽減されます。

早期卒業制度によって、法学部を3年で終え、法学研究科博士前期課程(MC/Master Course)、国際公共政策研究科(OSIPP)博士前期課程(MC/Master Course)及び法科大学院「法学既修者コース」(2年で修了できるコース)に進学した場合、法学部入学から「5年間」で各大学院の課程を修了することができます。

入学から修了までの通常の期間

大阪大学法学部は、学部1年生から指導体制を整備し、
学部・大学院を通したきめ細やかな少人数教育で、
あなたの夢の実現をサポートします。