大阪大学大学院法学研究科・法学部創立60周年
同高等司法研究科創立10周年
記念シンポジウム「法学教育における未来戦略」の開催について

 この度、平成26年に法学研究科・法学部創立60周年、高等司法研究科創立10周年、を迎えるにあたり、大阪大学における法学教育と法曹養成のさらなる飛躍に資するものとして、記念シンポジウム「法学教育における未来戦略」を開催することとしました。

  平成16年に法科大学院が設置されてから、わが国の法学教育のあり方や法曹養成の制度が大きく変わりました。また、この間、様々な分野におけるグローバル化が重要な課題になってくる中で、「大学教育の質保証」や「ミッションの再定義」として、大学教育の内容や役割が厳しく問われるようになってきています。法学分野においても、どのような人材の育成を目指し、そのためにいかなる教育を行い、またこれから行おうとしているのか、つまり入学から卒業後までも視野に入れた教育のあり方が今問われているといえます。

  大阪大学大学院法学研究科・法学部と同高等司法研究科は、これまで互いに密接な連携を図りつつ、大阪大学における法学教育と法曹養成を担い、社会が求める有為の人材の育成に努めるとともに、また、法学部同窓会青雲会からは、社学連携の一つのあり方として、教育研究に関し様々な支援を頂いてきたところです。しかし、節目の年を迎えるにあたり、私たちがこれまで進めてきた法学教育と法曹養成、あるいは社学連携のあり方について、先述のような質保証などの観点からそれらを改めて見直し、これからのさらなる発展につながる途を探って行かなければなりません。

  つきましては、記念事業の一環として、各界を代表する方々から、それぞれの分野において求められている人材の育成という観点から法学教育の新たなあり方についてご提案頂き、それを踏まえた関係各位とのディスカッションを通じて、法学教育における未来戦略を見いだすための、まさに記念となるシンポジウムを下記のとおり開催致したく存じます。
  皆様にはご多用のことと存じますが、ご高配を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

○ 開催日時:平成26年3月15日(土)午後1時~5時
○ 開催場所:大阪大学会館(豊中キャンパス)/講堂(2階)

      大阪大学(豊中キャンパス)までのアクセス
      会場までのアクセス


○ プログラム

Ⅰ 総長挨拶
 平野 俊夫(大阪大学総長)
 記念シンポジウムに向けてのメッセージ
 「大阪大学における法学教育:60周年を迎えて」
Ⅱ 記念シンポジウム
■ 基調講演(午後1時20分~)
 ・田原 睦夫(はばたき綜合法律事務所特別顧問 元最高裁判所判事)
 「今後の社会に於ける法曹の役割」
 ・望月 晴文(東京中小企業投資育成株式会社代表取締役社長 元経済産業事務次官)
 「法学を学ぶ意味-行政や企業の現場から」

(休憩)

■ パネルディスカッション(午後2時45分~)
▼ 問題提起
  ・南部 真知子(株式会社神戸クルーザー・コンチェルト代表取締役社長)
▼ パネルディスカッション
  パネリスト
  ・南部 真知子
  ・竹中 浩(大阪大学大学院法学研究科長)
  ・谷口 勢津夫(大阪大学大学院高等司法研究科長)
  ・青江 秀史(大阪大学知的財産センター長)
  ・村上 正直(大阪大学大学院国際公共政策研究科教授)
■ 閉会挨拶
  ・竹中 浩


シンポジウムポスター

○ 参加申込み方法

本シンポジウムに参加を希望される場合は、氏名、所属、住所、連絡先(電話番号)を平成26年3月14日(金)までに下記お問い合わせ先のメールアドレスあてにお送りください(メールのタイトルを「シンポジウム参加申し込み」としてお送りください)。


○ 留意事項

当日は、大阪大学会館1階で受付後、会場にご入場ください。 なお、会場には駐車場がございませんので、お車でのお越しはご遠慮願います。 鉄道・バスなどの公共交通機関をご利用ください。


○ お問い合わせ先

大阪大学大学院法学研究科・法学部創立60周年同高等司法研究科創立10周年
記念シンポジウム事務局
電話番号:06-6850-5180
メールアドレス:houkoukinen@law.osaka-u.ac.jp